HOME>アーカイブ>災害時に備えた準備は、今の内から必要です

業者が対応してくれます

通話する女性

福島の災害以来、我々の災害に対する姿勢は変わりつつあります。今回たまたま災害に巻き込まれなかっただけで、次は自分たちの番である可能性は十分に考えられます。そこでいざという時のために、災害時に素早く連絡できるシステムが必要です。携帯電話だけだと、災害時に無くしてしまえば連絡することが出来ません。確実な安否確認を取る為にも、もっと他の手段でもしっかりと連絡できる体制を整えておくことは大切です。安否確認のシステムを事前に導入しておけば、こうした時でも安心です。家族や知り合いが安全かどうかすぐに知ることが出来るのです。災害時には、自分から安否を確認しなくても業者のほうから、知り合いに一斉にメール等で連絡を取ってくれます。そのため、自分が連絡できない状態に巻き込まれたとしても、業者がきちんと対応してくれます。これならば、非常時になってもサポートがあるので安心することが出来ます。

早い段階で確認できます

女性

災害時にはどうしてもパニックになってしまい、いつものように行動することが出来ません。また、こうした事態を想定していなかった場合、十分な連絡手段を確保できていない可能性があります。そこで安否確認のサービスではこうした時に素早く顧客の知り合いと連絡を取れる手段を複数用意しています。電話やメールだけでなくSMSや伝言板等の多くの手段を使い、可能な限り関係者と早く連絡が取れるよう工夫しています。これならば、自分一人で対応するよりもずっと短時間での安否確認が可能です。もちろんこうした状況でも連絡する手段を確保できますので、次にどのような対応をしていくのか決定することが出来ます。今後の災害時に備えるならば、こうしたものも必要でしょう。

広告募集中